賃貸経営で富を築こう

機能でアピールする

入居者を確保するためには、いかに自分たちの提供している賃貸住宅情報に魅力を感じるかがポイントになります。
現在賃貸入居希望者の動向を見てみると、より機能性の高い住宅を求める傾向が見られます。
そこで住宅をこれから建築する、もしくはリフォームして賃貸併用住宅にする場合、機能性もある程度重視する必要があると思った方がいいでしょう。
賃貸住宅情報でアピールできる機能として、耐震性があります。
近々中国・四国地方から関東地方にかけて広範囲に大きな地震の起きる可能性は高いとみられています。
そこで多少の地震でも倒壊しないような強い耐震性を持っている物件であれば、賃貸住宅情報としてのアピール力も変わってきます。
住宅メーカーの中には、自信が起きても強い耐震構造の住宅づくりをしている所や耐震装置の設置などのできる所も見られます。
その他には、耐熱性能も賃貸住宅情報のアピールポイントとしてはかなり重要です。
気密性の高い住居であれば、年間通じて快適に暮らせます。
夏は涼しく冬は暖かく過ごせるような住宅性能を持っていれば、入居希望者の関心を集めるでしょう。
このように室温が年間通じてさほど変化しない物件であれば、どうしてもエアコンをかける必要のある時でも比較的簡単に適度な室温に持っていけます。
そうすれば、消費電力も少なく、電気料金の節約効果が期待できます。
入居者だけでなく、自宅のオーナーにとってもメリットではありませんか?

住まいでも話題の賃貸の情報はココがイチオシです

Copyright (C)2017賃貸経営で富を築こう.All rights reserved.